ビタミンC誘導体について

期待のビタミンC誘導体

ビタミンCというとレモンなどにも含まれており、あまりにも有名な成分です。よく言われるのが美白や抗酸化の効果です。コラーゲンの合成にも役立つと言われており、単にコラーゲンのサプリやドリンクを飲むより、合成に必要なビタミンCを摂ることがが重要といわれています。ただ、壊れやすい特徴があり、肌へも浸透しにくいらしいです。皮膚の中で酵素の力でビタミンCへ変化してくれるようです。
ビタミンC誘導体はいくつかの種類があります。水溶性ビタミンC誘導体、これはリン酸アスコルビルナトリウムなどがあります。油溶性(脂溶性)にはテトライソパルミチン酸アスコルビルなどがあり、さらに高浸透型(進化型)のビタミンC誘導体は、水溶性と油溶性のどちらの性質も兼ね備えたものです。
最近ではイオン導入により、さらにビタミンCを肌の奥へと浸透させることができるようで、イオン導入の場合は、ビタミンCをさらにということですので、ビタミンC誘導体のを使わなくてもいいみたいなことも書かれていることもありますが、その辺りはちょっと分かりません。
ビタミンC誘導体の化粧品でいうとローションやエッセンス、さらにクリームやオイル、美容液までありますので、自分の肌に合ったものを使いたいところです。
ビタミンCのことをもう少し知ってることというと、美肌やコラーゲンの合成に役立つという以外に、体の中で長時間効果を発揮してくれないということがあります。水溶性の特徴なのかもしれませんが、そのため、出来るだけこまめに、出来れば食事ごとにビタミンCを補えればいいのかなと思います。野菜や果物などを毎食用意するのは難しい場合はサプリを利用するのも一つの方法とは思いますが、天然のものと合成のものとでの違いはよくわかりません。食品の場合は、例えばほうれん草なんかでもビタミンCも含まれていますが、それ以外にもたくさんの栄養素を摂ることができます。サプリだとどうしても特定の成分を補うことになるのですが、果たしてそれが本当に自分が不足してる成分なのかが分からないことも多いです。実際、自分自身どの栄養素が足りてて、どれが足りてないかというのは分かりません。ついついたくさんのサプリを飲むと元気になれそうな感覚になってしまいがちですが、基本は食事でバランスよく摂りたいところです。これからの季節紫外線も強くなってきますが、紫外線もシミやシワの原因にもなりますので、可能な限りUVケアはしておきたいところです。紫外線対策化粧品についてはまた今度にします。